読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“破滅”と“再生”の美学(真弓の雑記・はてな出張所)

だいたいいつも、アニメばかり観ています

カット単位で選ぶ、2014年TVアニメ10選(を、やってみた)

アニメ好きの好事家たちによって、
・「その年に放映されたTVアニメから任意のエピソードを一話単位で選んで、魅力や思い入れを語る」
という企画が毎年末に行われていることは、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

↓は企画参加サイト一覧や集計等を行ってくれているサイト様です。

話数単位で選ぶ、TVアニメ10選等: 新米小僧の見習日記

これがやってみるとなかなかどうして奥深い企画で、私も当ブログを利用して、2012、2013年と参加させていただきました。今年も残り少ないですが、空き時間に選定作業を行っています。但し、年内にまとめきれるかは不透明……

ところで。12月の頭ごろに、上記の企画について気になる発言を見かけました。

「その年のベスト10話は選定されているが、もっと細かく、シーン単位やカット単位、止め絵単位で10個選ぶのも面白いかもしれない」

一読して「確かに、エピソードだけに限らず、色々なテーマから選出されるのも面白いな」と興味が湧き、またその後某氏の後押しもあって、Twitterアカウントを利用して試しに選んでみました。

カット単位で選ぶ、2014年TVアニメ10選

・2014年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき原則1カット。
・順位は付けない。

□『悪魔のリドル

□『ガンダム Gのレコンギスタ』

□『スペース☆ダンディ』

□『ヤマノススメ セカンドシーズン』

□『ピンポン THE ANIMATION』

□『グラスリップ』

□『魔法戦争』

□『SHIROBAKO』

□『月刊少女野崎くん

□『桜Trick

(選外『異能バトルは日常系のなかで』)

選んでみた結果

まず、レギュレーションに軽く違反してますね(笑)『ピンポン THE ANIMATION』の選出カットは、次のカットに移行してサブタイトルが現れる瞬間のキレの良さが気に入ったのですが、これでは2カットになってしまう。同じ選出箇所でも例えば「シーン単位で10選」ならば違反はありません。(その場合はまた「"シーン"とはどこからどこまでを意味するのか?」などという定義の問題が発生し、ややこしくなりそうです)

また、一つのカットにも静止画だったり大きく動いての芝居だったり、また前のカットからのアクション繋がりや、BG(背景美術)オンリー、字幕のあるなし、諸々の差異があって、上記の10選でも混在しています。例えば「アクションシーン限定で10選」など行ってみれば、一貫性が保てそうですね。

そしてこの企画、画像/動画の準備がちょっと面倒というのもあります。
「話数単位ベスト」の企画は、語り方次第ではテキストだけで該当エピソードの魅力を十分に伝えられるように思います。キャプチャ画像で重要なシーンを提示することにより、尚更イメージの伝達が捗るのはもちろんですが、必要不可欠ではないかもしれません。
「カット単位ベスト」の場合は、具体的にここはこういうカットなんだよ、と画像/動画で例示してあげながら語るのがベストという感じがします。一話24分ではなく一カット3秒ならデータ容量が圧倒的に小さいという、デジタル的な理由もありますが、何より「画面に映ってる情報を文字に起こすのが面倒くさいし、まわりくどい!」のもまた一理です。
(※キャプチャ画像の無断利用の問題は煩雑なので、この際では置いときましょう)

……それから、好きなシーンばかりを選んでいると「油断すると、自分のフェティシズム公開処刑みたいになっちゃうよな」という危惧もあります。このところ美少女の多いご時世ですしね。まぁ、敢えて意図的に"そういう"シーンばかり選ぶのも、面白いですけどね。

最後に

よもやま話から始まった選定でしたが、「俺の好きなカットはどれだ?」と探す目的をもってアニメを観直している時間は、結構楽しかったですね。無茶ぶりをしていただいた某氏と、ここまでお読みいただいた貴方様に感謝いたします。以上、レポッスよ。